変化し続ける新光合成繊维

新光合成繊维股份有限公司は故董事长呉火狮氏らの発起により、日本の东レ株式会社および三菱商事株式会社との合弁で1967年设立されました。初期の资本金総额は新台湾ドル1亿6千、その後いく度もの増资を経て、2014年末には资本金総额が新台湾ドル230亿元に达し、台湾证券取引所一部上场企业となりました。现在は総従业员数2000名、株主総数は17万名を超え、総资産额412亿に达する大型企业となっています。

当社は1970年5月に工场が竣工し、正式に生産をスタートしました。その後いく度も拡张を重ね、现在台湾における主要工场は计3か所、敷地面积は计426,666㎡、1日の重合生産能力は2,535トンにも达し、そのほか中国とタイにも生産工场を有しています。新光合成繊维の制品には大きく分けて化学繊维とプラスチックがあり、主に半延伸糸?ポリエステル原糸?ポリエステルフル延伸糸?ポリエステル棉?ポリエステル加工糸?工业用糸?ポリエステルペレット?ボトル用PETペレット?ペットボトル?ペットボトル用プリフォーム?エンジニアリングプラスチック?光学フィルム?ポリエステルフィルム?ポリエステルシートなどを生産しています。

当社は「事実に基づいて真理を追究し、段阶を踏んで物事を进め、公正かつ透明で、仲间を信頼し合う」という核心的理念の下、着実に成长し、新制品の开発に向かって歩み続けており、お客様のニーズに応え、最良のアフターケアを提供する企业として业界に広く知られています。また、当社の长年にわたる経営多角化戦略の努力の结果、现在プラスチック制品は総売上高の55%を占め、すでに化学繊维制品を上回っているほか、当社制品の川下领域は纺绩?食品?包装?电子?光エレクトロニクスといった様々な事业に広く跨がっており、质の高い制品と差别化商品をご提供することによって国内外のお客様より大きな称賛の声をいただいております。

新光合成繊维股份有限公司は新光グループに属する中核企业の一つであり、新光グループは生命保険?损害保険?デパート?ガス?コンピューター?建筑?证券?警备保障?リース?投资信托?病院?银行などの事业を手挂ける、国内有数の财阀の一つでもあります。

Top